平成27年度 済生会山口総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 17 74 121 167 274 532 1381 1879 1472 285
当院における平成27年度の年齢階級別退院患者数を集計しました。
年齢は、入院時点のものを使用し、10歳刻みに分けています。退院患者数は延べ患者数で表示しています。
退院患者の年齢構成を見ると、その病院の特徴をある程度知ることができます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 170 4.74 4.87 1.18 71.54
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 90 20.22 18.30 10.00 83.12
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 71 2.96 3.07 1.41 71.61
狭心症、急性心筋梗塞の患者さんにカテーテル検査・治療を行っております。検査入院はなるべく短期間で行い、治療入院は年齢、合併症などに応じて、安全に行えるように努めております。
心不全の治療においては、リハビリテーション、栄養指導など多職種でのチーム医療に取り組んでいます。
循環器内科では、狭心症、慢性虚血性心疾患の手術ありの症例が最も多くなっています。平均在院日数も全国平均よりも若干短くなっています。
次いで、心不全、狭心症などに対する治療前・治療後の心臓カテーテル検査のための入院となっています。心不全の患者さんの平均年齢は80歳を超え、高齢者の患者さんが多いことが分かります。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 51 8.22 11.98 0.00 77.35
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連して)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 48 4.83 9.02 0.00 70.96
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 10.51 10.93 5.41 72.05
消化器内科全般に幅広く対応しています。
消化器科では、食道、胃から大腸までの全消化管、ならびに肝臓、胆嚢・膵臓など消化器内科全般に幅広く対応しています。
また、内視鏡検査を行い、内視鏡的胃食道大腸粘膜切除術、粘膜下層剥離術、食道静脈瘤硬化療法などの治療を行っています。肝・肝内胆管の悪性腫瘍は、主には肝細胞癌、一部が転移性肝癌です。これらの疾患に対して経カテーテル的肝動脈塞栓療法を行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 26 25.00 23.89 11.54 62.96
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 22.27 13.64 6.67 71.93
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 10 2.40 3.40 10.00 72.70
腎臓内科は、腎不全や腎炎による入院が主となります。。
腎臓病の早期発見と治療、慢性期ならびに急性期の腎機能低下に対する治療、さらには透析導入ならびに導入後の管理など、腎臓病の初期から末期腎不全期まで幅広く診療に当たっています。


血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 55 15.51 15.35 1.82 62.49
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 19 56.21 17.69 0.00 73.32
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 14.20 - -
白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、骨髄腫に対しての化学療法を実施しています。
また、糖尿病患者に対しての教育入院をはじめ、柔軟に対応をしています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 172 2.08 3.46 0.00 66.56
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 152 6.21 13.38 0.00 72.76
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 143 3.64 4.53 0.00 67.64
外科で最も多い症例は静脈・リンパ管疾患です。
次いで肺の悪性腫瘍、結腸の悪性腫瘍となっています。消化器癌や肺癌の化学療法も当科が担っています。
結腸癌は全国的にも増加しており、全国癌統計によると男性で第3位、女性では第1位の死亡数の多い病気です。
そのほか胆嚢、ヘルニア、虫垂炎やなどの良性疾患も数多く手がけています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx0100xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 23 26.48 21.35 0.00 76.57
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 10 32.80 25.69 20.00 81.20
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 18.74 - -
山口県中央部の心臓血管外科領域の中心として手術を施行しています。遠方は島根県益田地区からの紹介も受け入れ、緊急対応体制も充実しており急性大動脈解離など緊急手術に24時間365日対応しています。心臓血管外科では、弁膜症に対する弁形成術・弁置換術が最も多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 103 30.82 22.19 0.97 66.42
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 91 35.29 28.70 68.13 84.95
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 47 13.13 17.55 4.26 55.34
整形外科は、肩、外傷、手の外科を中心とした関節外科、脊椎外科など整形外科のほぼ全般の手術を行っています。
それぞれの疾患について、在院日数は全国平均と比較して、長くなっている傾向にあります。また、地域医療機関との連携を行い、手術目的での紹介が多くあります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 72 20.21 18.08 30.56 73.08
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 9.15 10.02 12.12 79.03
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 14.43 15.80 23.81 73.95
脳神経外科では、脳梗塞の入院が最も多くなっております。次いで頭蓋・頭蓋内損傷となっています。
入院後の治療としては、発症4~5時間以内であれば、t-PAによる急性期血栓溶解療法が可能であり、また、病型によって抗血小板療法(ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞)や抗凝固療法(心原性脳塞栓症)を行います。ほとんどの症例が、平均年齢70歳以上といったこともあり、片麻痺など後遺障害が比較的高率に残存し、リハビリ目的で転院する割合が高くなっております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 29 5.28 5.31 0.00 64.97
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 23 8.78 7.76 0.00 53.35
030428xxxxxxxx 突発性難聴 19 10.84 9.60 0.00 61.89
耳鼻咽喉科では、前提機能障害(めまい)が、最も多くなっています。次いで、慢性副鼻腔炎、突発性難聴となっています。
その他に頭頸部腫瘍や甲状腺腫瘍もあり、手術や放射線治療など症例に合わせた治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 79 2.24 2.89 1.27 57.22
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 47 9.72 7.59 0.00 71.74
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 31 9.10 12.60 0.00 66.48
泌尿器科全般にわたる疾患に対して診療を行っています。前立腺の生検も多く行っていますが、DPCにおいては出来高となるため、こちらには計上していません。尿路尿管結石などに対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が症例の第1位となっています。膀胱腫瘍に対する治療も多く行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり - - 9.53 - -
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし - - 8.05 - -
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 10.18 - -
産婦人科では、生殖器脱出症(手術あり)が最も多くなっています。現在、婦人科疾患の治療が中心であります。
また、外科や泌尿器科との連携による手術も実施しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 32 - 11 74 - 16 1:UICC TNM分類 7
大腸癌 16 16 62 158 24 119 1:UICC TNM分類 7
乳癌 12 11 - - - - 1:UICC TNM分類 7
肺癌 81 84 54 74 51 37 1:UICC TNM分類 7
肝癌 - - - - - 107 1:UICC TNM分類 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
日本で現在最も多い5つの癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の病期(ステージ)ごとの平成27年度における延患者数の集計を示しています。
UICCが定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、
それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を、一度に表わすことが出来る様に作られたのがStage分類です。
UICC分類は第7版を使用し、TNM分類が不正確等で病期分類が不明な場合は、「不明」とし別記します。
StageⅠが進行度が低く、StageⅣが最も進行した病期を表しています。
この指標では、当院が入院治療を行った5大癌のStage分類毎の延患者数を示しております。
この表は、当院がどのような症例を取り扱っているかを表しています。

患者数としては、大腸癌が最も多くなっています。次いで、肺癌、胃癌となっており、一方で乳癌の患者数が少ないことがわかります。
また、肝癌の再発件数は、TAE(肝動脈塞栓術)目的の繰り返しの入院が多い事が要因と考えられます。
当院は、内視鏡的治療、腹腔鏡的治療、胸腔鏡的治療、手術、抗がん剤治療、放射線治療など患者さんの状態に合わせた治療法を選択して、
総合的に管理をしています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 13 10.23 49.77
重症度 1 39 13.23 81.62
重症度 2 20 13.90 83.85
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
成人の市中肺炎の重症度と平均在院日数、平均年齢を示しています。
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です。今回は、16歳以上の肺炎患者さんを対象に、
市中肺炎ガイドラインによるA-DROPシステムを用いて、重症度を分類して集計しました。(誤嚥性肺炎・ウイルス性肺炎・インフルエンザ等は除外)

当院の場合、成人市中肺炎の多くは重症度1(約50%)の患者さんとなっています。また、重症度3、4の患者さんは全体の約10%となっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 14 6.21 71.29 5.88
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 139 35.73 74.24 40.67
その他 11 20.27 72.82 2.67
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞(DPC 010060)の傷病名別の症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率、を示しています。
また、それぞれ発症3日以内とその他に分けて記載しています。

脳梗塞とは、脳に栄養を与える動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血をきたし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態に
なることをいいます。

原因別にこれらの区分を行ったのが「脳梗塞のICD10別患者数」の表です。
この指標では、発症日の違い(急性期、慢性期)による転院率、入院期間の違い等についてを示しています。
脳梗塞の患者さんのほとんどが60代~80代となっています。また、転院率が約40%となっていますが、当院では転院する場合は地域連携パスを使用しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 149 1.43 2.97 1.34 71.58
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 40 4.90 11.40 1.25 79.45
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 34 0.12 14.76 0.00 66.76
虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術や、経皮的冠動脈形成術といった心臓カテーテル治療の症例数が多くなっております。平均年齢は70歳を超えています。心臓カテーテル治療とは、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。
次いで、ペースメーカー移植術となっています。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 57 1.04 6.63 0.00 76.67
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)(2センチメートル以内のもの) 43 1.26 2.67 0.00 70.00
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 43 0.42 1.00 0.00 67.19
血管塞栓術が最も多く、次いで肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼法、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術となっています。
また、外科と連携を取りながら、手術・処置を行っています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 11 12.09 1.27 18.18 73.45
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) - - - - -
シャント狭窄に対する経皮的シャント拡張術・血栓除去術が最も多く、次いで血液透析のシャント造設手術となっています。
また、他院からの紹介による症例にも対応しており、外科と連携を取りながら、手術・処置を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 155 0.01 1.05 0.00 66.55
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 77 3.66 4.31 1.30 65.19
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 61 1.66 3.54 1.64 73.20
下肢静脈瘤に対する下肢静脈瘤血管内焼灼術が最も多くなっています。次いで、胆嚢結石、胆のう炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術、ヘルニア手術となっています。
その他に消化管手術の多くを腹腔鏡下で、呼吸器疾患の手術の多くは胸腔鏡下で積極的に行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁のもの) 25 5.92 25.44 8.00 79.12
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K5943 不整脈手術(メイズ手術) - - - - -
心臓血管外科では、心臓弁膜症等に対する弁置換術が最も多く、次いで冠動脈、大動脈バイパス移植術、不整脈手術となっています。
手術目的での紹介が多く、また遠方からの紹介もあり24時間365日手術対応できる体制をとっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの) 99 1.52 28.25 1.01 66.28
K0461 骨折観血的手術(上腕) 64 5.34 27.73 53.13 83.45
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 58 2.28 21.14 6.90 72.29
肩の腱板断裂に対する関節鏡下肩腱板断裂手術が最も多くなっています。次いで、骨折観血的手術(上腕)、脊柱管狭窄症等に対する脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定)となっています。
中でも骨折観血的手術の患者の平均年齢は80歳を超えています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 31 0.74 8.84 12.90 81.35
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術です。小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引し、洗浄除去します。患者の平均年齢は、80歳を超え高齢患者の占める割合が多くなっています。
次いで、頭蓋内血腫除去術、脳血管内手術となっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 19 1.16 7.00 5.26 52.68
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
耳鼻咽喉科では、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術最も多くなっています。
次いで、扁桃周囲膿瘍切開術、口蓋扁桃手術(摘出)となっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 81 0.35 1.15 1.23 56.84
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 48 0.21 3.83 54.17 79.52
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 45 1.87 6.93 0.00 71.82
尿管結石、腎結石に対する体外衝撃波・尿管結石破砕術が最も多くなっており、1泊2日入院となっています。また、経尿道的尿路結石除去術も行っています。
次いで、経尿道的尿管ステント留置術、膀胱がんに対する経尿道的手術となっています。また、腎・尿管がんに対しての手術も行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式)) - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
産婦人科で行っている手術術式は子宮頸部(膣部)切除術や子宮脱手術、子宮全摘術など悪性腫瘍、良性腫瘍ともに行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 32 0.52
180010 敗血症 同一 - -
異なる 19 0.31
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 78 1.26
異なる - -
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないが、改善すべきものとして定義される感染症および合併症の発生率を示しました。
医療資源を最も投入した病名と入院のきっかけとなった契機病名が同一かそれ以外で件数を集計しています。
これらの疾患は基礎となる疾患を有していることが一般的です。
しかし、DPCコーディングをする際に、基礎疾患に基づき行うか、播種性血管内凝固症候群や敗血症等で行うか、判断に迷います。
急性期医療機関で4つのDPCがないのは不自然であり、多すぎるのも問題となります。
当院では、入院契機と請求コードが異なるものが多くあります。これらは、入院中に基礎疾患が重症化したものが多く含まれています。
更新履歴
2016.9.28
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報の公表」を行いました。
2016.10.4
解説文の更新を行いました。